サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> Webデザインテクニック >> 「404 Not Found」ページを自作する

「404 Not Found」ページを自作する



サンプルと機能

「.htaccess」が使用できるサーバーに限ります

指定したページが見つからなかった時や、アクセス権限がない時などに表示されるエラーページを作成します。

Sample 1:404 Not Found (ページが見つからない時)
Sample 2:403 Forbidden (ページのアクセス権限がない時)
Sample 3:500 Internal Server Error (CGIなどによる内部エラー)

実際はこれ以外のエラーもありますが、この3種類以外のエラーはほとんど起こりませんので大丈夫です。


作成方法

「404 Not Found」ページなどを作成します。
普通にHTML形式で記述するだけなので、サンプルを参考に作ってみて下さい。
(呼び出すディレクトリによっては、画像などのパスが変わることがありますので、画像が表示されない場合は、パスを見直すか、絶対パスで表示してください)

「.htaccess」というテキストファイルを用意します。
メモ帳などのテキストエディタで作成しますが、「.htaccess」という名前で保存できない場合は、一度別の名前で保存して「右クリック」→「名前の変更」でリネームします。(Windowの場合)

.htaccessに以下の内容を記述します。

ErrorDocument 403 /error/403.html
ErrorDocument 404 /error/404.html
ErrorDocument 500 /error/500.html


緑の部分は、「404 Not Found」ページなどへのパスです。
始めの「/」を忘れないようにしましょう。


以下のように、エラーページのURLを記述すると、指定したURLへリダイレクトすることができます。

ErrorDocument 403 http://xxx.xxx/error/403.html
ErrorDocument 404 http://rrr.rrr/error/404.html
ErrorDocument 500 http://vvv.vvv/error/500.html


.htaccessをエラーページを表示させたいディレクトリにアップロードします。そのディレクトリ内の全てのディレクトリとファイルに適用されますので、トップページのあるディレクトリに置いておくだけでいいでしょう。

指定するURLを自分のサイトのトップページにすると、エラーページを表示させずにトップページに移動することが可能です。

.htaccessについて詳しくはミケネコのhtaccessリファレンスをご覧下さい。


 
 

Webデザインテクニックに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Web Design Techniques. All rights reserved. - Home